あらすじ

* * * * *
「わたし」は、教育機関で寮生活をしている学生だ。人間不信のルームメイトや、娯楽に没入している友人たち、愛犬エコなどに囲まれながら、逃避的な日々を過ごしていた。しかしある日、突如「わたし」は、文章を書くことを決意する。「ユートピア宣言」以降、苛烈な言論税により文章を書く者が激減したこの時代。小説や詩は、文字を介さない形へと変容し、もはや紙の本や電子書籍といったものは遺物となったこの時代。「わたし」は文章を通して、徐々に、思索の深みに沈み込んでゆく――。
その先に見えるものとは。
五文からなる、「わたし」の記。

作品情報

2013年執筆。5月から10月にかけて、「小説家になろう」にて連載。
原稿用紙換算375枚。空白含めず15万文字ジャストです。
© 2013- Kobuse Fumio

thanks

目次ページテンプレ:Pepe
背景画像:壁紙職人
inserted by FC2 system